Windows10の期間限定無償化に見るMicrosoftの”戦略”とは

Windows10は、7と8.1を混ぜ合わせたようなUI(ユーザーインターフェース)を持っているOSです。
起動すると、7に似たデスクトップ画面が現れ、スタートキーを押すと8.1のようにアプリのタイルが並んだスタート画面が現れます。
これだけでも今までのWindowsとかなり違いますが、それ以上に違うのが「OSの提供方法およびアップデート計画」です。
これまでのWindowsは、「アップデートするごとに買うOS」という位置付けでした。
これが、「サービスとしてのOS」という位置付けになります。
7以降のOSなら無償でアップグレード可能ですし、Windows10が入っているデバイス(パソコンやタブレットなど)は、そのデバイスのサポートが切れるまで、新しい機能などが無償で供給されます。
普通に考えると、Microsoftが損をしているだけに思えますが、その裏にはしっかりした戦略があります。
現在の7以降の利用者がWindows10にアップグレードすれば、アプリの開発者はターゲットを絞り込みやすくなります。
アプリ開発やサポートが容易になれば、OSに関連するアプリストアの売上の向上につながります。
つまり、「OSを売って利益を出すのではなく、アプリやサービスで利益を出す」という方向に切り替えたわけです。
それは、他のOSも同様の流れになっています。
ですから、無償でのアップグレードや新機能の供給は、むしろ自然な流れともいえます。