Windows10、どこが変わったの?

Windows10は今現在、一般向けにリリースされている最新バージョンの基本ソフトになります。
Windows8.1からのアップグレードであれば、外観的な差は小さく、世間で言われている程の違和感はないはずです。
ただし、ネット環境やマイクロソフトのアカウント登録が実質的に必須になる等、企業側からの管理が進み、パソコンを起動する度にログインを求められます。
それはセキュリティー機能の一種であり、オーナー以外のユーザーが無断でパソコン操作をしないようにするための工夫ですので、決して悪い仕様ではないです。

Windows8の時代に一旦廃止されたスタートメニューもWindows10では見事、復活を遂げました。
キーボードの窓のマークを押す事で、よく使うアプリケーションやパソコン内部にインストールされたソフトを簡単に起動でき、メールやスポーツニュース、ストア、カレンダーなどのWindows10特有の専用アプリも瞬時にスタート出来るますので、以前のWindowsとは比べ物にならない利便性を持っています。

またWindows10では音声認識のツールが初めてWindowsのパソコンに標準仕様として搭載されました。
マイク機能があるパソコンなら、その機能がWindows10にアップグレードするだけで使えます。
ライバル企業の音声認識機能と使い勝手は似ており、ファジーな質問を投げかけても、ソフトの方でユーザーの意図を汲み取り、適切な処理を施してくれますので、手がふさがっている時などは大変、役立ちます。